野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : 野球コラム

稲葉篤紀が現役最後の試合で5回の胴上げをされた理由

稲葉篤紀が現役最後の試合で5回の胴上げをされた理由

挫折続きの野球人生だった。小・中学校時代にはイジメにあっていた。 中京高(現中京大中京高)時代は、1学年下の鈴木一朗(イチロー)擁する愛工大名電高に阻まれ、甲子園には出られなかった。 法政大時代は、大学日本代表に選ばれても、注目のドラフト候補とまではいかず。たまたま息子である野村克則(当時明治大)の試合を見に来た野村克也(当時...

群雄割拠のロッテ、ド派手な新人出現の西武…パ・リーグの捕手事情が面白い

群雄割拠のロッテ、ド派手な新人出現の西武…パ・リーグの捕手事情が面白い

パ・リーグでは今、若手捕手が確固たる地位を築きつつある。今シーズン、パ・リーグ捕手部門のベストナインとゴールデングラブ賞をダブルで受賞した伊藤光(オリックス)は25歳。ここ数年、パ・リーグを代表する「顔」にもなってきている嶋基宏(楽天)は、30歳を迎えたばかりだ。 今季は多くの球団でレギュラー捕手が若返り、また、将来有望な若手...

セの捕手前線に異常あり? – 来季の飛躍が期待できる要注目の捕手たちとは

セの捕手前線に異常あり? – 来季の飛躍が期待できる要注目の捕手たちとは

今シーズンも、熱いプレーを見せてくれたプロ野球選手たち。振り返れば今季は、両リーグを通じてレギュラー捕手に世代交代の波が襲いかかり、将来有望な若手捕手の活躍が目立ったシーズンだった。今回はセ・リーグ各球団の捕手事情を振り返ろう。 阿部の後釜として正妻を狙う小林が越えるべき壁 予想された独走状態ではなかったものの、リーグ3連覇を...

中学野球太郎vol.06 「最強のキャッチボール術」は12月19日(金)に発売!

中学野球太郎vol.06 「最強のキャッチボール術」は12月19日(金)に発売!

全国の中学生球児の皆さま、指導者の皆さま、保護者の皆さま、『中学野球太郎No.6』が12月19日(金)に発売となります! ※一部地域の方は少々遅れての発売となります。ご了承ください。 今回のテーマは「最高のキャッチボール術」。 誰もが通る基本の”き”でもあるキャッチボール。中学生球児はもちろん、指導者の...

巨人・山口にロッテ・岡田も!テスト入団で夢をつかんだ男たち

巨人・山口にロッテ・岡田も!テスト入団で夢をつかんだ男たち

 先日、巨人の鉄腕リリーバー・山口鉄也が契約更改に臨み、最大3年総額10億円以上の、大型契約を結んだと報じられた。今季は2月のキャンプ中に左肩痛を発症。開幕当初は失点を重ね、目を覆いたくなる防御率だったところから盛り返し、苦しみながらも1シーズンを乗り越え、60試合に登板した。前人未踏の7年連続60試合登板を達成し、1軍デビュ...

オフシーズンに突入したプロ野球……ストーブリーグの語源は?

オフシーズンに突入したプロ野球……ストーブリーグの語源は?

 プロ野球の世界は現在、オフシーズンの真っ只中。各球団とも、ドラフト交渉権を獲得した新人選手との入団交渉を進めながら、所属選手の契約更改、FA補強やトレードなどで、来季の戦力補強を着々と整えている。世間一般では、この時期のことを「ストーブリーグ」と呼んでいるのは周知の通り。また、トレードやドラフトなど、この時期にスポーツ新聞紙...

今年、プロ野球で生まれた珍記録まとめ – 両リーグで”暴投王”になったのは?

今年、プロ野球で生まれた珍記録まとめ – 両リーグで”暴投王”になったのは?

セ・リーグ史上6人目の1イニング3暴投を記録したDeNAの井納翔一が発した、まさかの名言ならぬ迷言とは     2014年、誕生から80周年を迎えた日本プロ野球。昨年のバレンティンの60本塁打や田中将大の24連勝といった華々しい記録はなかったかもしれないが、今年もさまざまな記録が生まれている。その中から、渋...

撤去されてからちょうど23年 甲子園球場ラッキーゾーン今昔物語

撤去されてからちょうど23年 甲子園球場ラッキーゾーン今昔物語

 今年が90周年というメモリアルイヤーだった阪神甲子園球場。その甲子園にとって、今日12月5日もまた記念すべき日といえる。  1991年12月5日、ラッキーゾーンが44年ぶりに撤去されたのだ。かつて、甲子園のシンボルでもあったラッキーゾーンがなくなってから、もう23年も経つということに隔世の感を禁じ得ない。 ◎そもそも、なぜ甲...

日米野球外交のキーマン、フランク・オドールとは?

日米野球外交のキーマン、フランク・オドールとは?

 先日まで野球ファンを釘付けにした日米野球。「日本プロ野球80周年記念試合」と銘打たれたように、日本のプロ野球は、1934年の日米野球で結成された全日本チームが母体となって、大日本東京野球倶楽部、のちの読売ジャイアンツが誕生したことは有名な話だ。  その80年前のメジャーリーグ代表といえば、真っ先に挙がる名前はベーブ・ルース。...

「辛いです」から7年 広島に戻った新井の環境様変わり

「辛いです」から7年 広島に戻った新井の環境様変わり

カープファンにとっては、青天の霹靂だろう。11月14日、今季限りで阪神を退団する新井貴浩が、古巣の広島に復帰することが決まった。 2007年オフ、移籍会見時には涙ぐみながら、阪神にFA移籍することを発表した新井。涙ぐんで「カープ愛」を語りながら、なぜ、ライバルチームへ移籍するのか、ファンにとって理解に苦しむ移籍劇は、当時、大き...

Return Top