野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : 大学野球

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2012年・小川泰弘(ヤクルト)の未来予想は半分的中!?

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2012年・小川泰弘(ヤクルト)の未来予想は半分的中!?

 現在、球界で注目されている選手のドラフト時における評価はどうだったのか。  本誌『野球太郎』では、毎年、ドラフト会議の前後に発行する「ドラフト直前大特集号」、「ドラフト総決算号」で、その年のドラフト候補を徹底分析している。  この度、週刊野球太郎では、現在の活躍中の若手選手をピックアップし、過去の本誌で掲載したドラフト候補時...

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2013年「ドラフト」特集で示した岩貞祐太の見立て

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2013年「ドラフト」特集で示した岩貞祐太の見立て

 現在、球界で注目されている選手のドラフト時における評価はどうだったのか。  本誌『野球太郎』では、毎年、ドラフト会議の前後に発行する「ドラフト直前大特集号」、「ドラフト総決算号」で、その年のドラフト候補を徹底分析している。  この度、週刊野球太郎では、現在の活躍中の若手選手をピックアップし、過去の本誌で掲載したドラフト候補時...

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2014年の「ドラフト特集」の山﨑康晃評は大正解!?

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2014年の「ドラフト特集」の山﨑康晃評は大正解!?

現在、球界で注目されている選手のドラフト時における評価はどうだったのか。 本誌『野球太郎』では、毎年、ドラフト会議の前後に発行する「ドラフト直前大特集号」、「ドラフト総決算号」で、その年のドラフト候補を徹底分析している。 この度、週刊野球太郎では、現在の活躍中の若手選手をピックアップし、過去の本誌で掲載したドラフト候補時の評価...

強行、逆輸入、異色すぎる所属先…今年もサプライズ指名ある!?

強行、逆輸入、異色すぎる所属先…今年もサプライズ指名ある!?

今年もドラフト会議がやってきた。毎回、ドラフトでつい期待してしまうのが「サプライズ指名」だ。今年はあるのかないのか?これまでのサプライズ指名を振り返ってみた。 ◎強行指名系 ひと口に「サプライズ」といってもさまざまなパターンがある。その中で、物議を醸すことが多いのが、希望球団、または希望進路があるにもかかわらず指名をする【強行...

史上最高ドラフトは46年前 山本浩二、山田久志ら名球会入り7人

史上最高ドラフトは46年前 山本浩二、山田久志ら名球会入り7人

23日のプロ野球ドラフト会議まであとわずか。1965年にスタートしてから、今年は記念すべき50回目の年にあたる。そこで今までのドラフトを振り返り、各年度に入団した選手が後に大活躍を果たした年、いわゆる「豊作」とよばれたドラフトに迫ってみた(表記は指名当時の名前)。 ◎空前絶後の大豊作!! 大豊作のドラフトといえば、なんといって...

又吉に続け!独立リーグにも逸材ズラリ!!全盛期イチロー級俊足も

又吉に続け!独立リーグにも逸材ズラリ!!全盛期イチロー級俊足も

67勝73敗4分でセ・リーグ4位に終わった中日。谷繁元信プレーイングマネジャーのもと、奮起を誓った今シーズンだった。しかし、結果は2年連続Bクラスと振るわず、オフには10選手に戦力外通告を行い、チーム改革を進める姿勢がうかがえる。さて、今年のドラフト会議では落合博満GMのもと、どんな戦略を仕掛けてくるのか、興味は尽きない。 中...

清原和博の号泣をうんだドラフト迫る! でも指名されるのに必要な物って何?

清原和博の号泣をうんだドラフト迫る! でも指名されるのに必要な物って何?

「プロ野球志望届」をご存じだろうか。約3週間後の10月23日に迫ったプロ野球ドラフト会議。高校生と大学生は、この書類を提出しなければ、ドラフトで指名されないのだ。今回は選手たちの志が詰まった「プロ野球志望届」について説明しよう。 「プロ野球志望届」とは、プロに進みたいと志望する高校生、大学生選手が、その志を表明するために提出す...

80連敗を喫した東大野球部の歴史とMLB・プロ野球の連敗記録に迫る

80連敗を喫した東大野球部の歴史とMLB・プロ野球の連敗記録に迫る

東京六大学秋季リーグが去る9月13日に開幕した。10月23日のプロ野球ドラフト会議を目前に控え、候補選手たちの活躍は気になるところだ。しかし、それとは別に注目を集めているのが、ワースト記録を更新し続ける東大野球部の連敗である。今回はこの呪縛に注目した。 勝利を知らない選手たち 現在の東大野球部の連敗が始まったのは、2010年秋...

侍ジャパン全8カテゴリーの現状とこれから

侍ジャパン全8カテゴリーの現状とこれから

また、新たな「侍ジャパン」が戦いの舞台に立つ───。20日から韓国・仁川で開催されている第17回アジア大会。この野球競技に参加するのが「侍ジャ パン・社会人代表」だ。今年はこの「社会人代表」以外にもさまざまな「侍ジャパン」が国際大会で真剣勝負を演じている。各カテゴリーにおける侍ジャパンの 現状を整理してみよう。(写真は「侍ジャ...

明石家さんまも参戦!? 異色の野球人・木田優夫の最後の勇姿を見逃すな!

明石家さんまも参戦!? 異色の野球人・木田優夫の最後の勇姿を見逃すな!

独立リーグ・石川ミリオンスターズ所属で、GM兼投手の木田優夫が9月14日、引退試合を行い、28年の現役生活に別れを告げる。前日には親交の深い明石 家さんま氏も球場にかけつけ、臨時コーチに就任するという。日米球界、さらには芸能界でも活躍した木田優夫の異色の野球人生を振り返ってみたい。 甲子園未出場ながら巨人ドラフト1位 木田は1...

Return Top