野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : 野球コラム

侍ジャパン全8カテゴリーの現状とこれから

侍ジャパン全8カテゴリーの現状とこれから

また、新たな「侍ジャパン」が戦いの舞台に立つ───。20日から韓国・仁川で開催されている第17回アジア大会。この野球競技に参加するのが「侍ジャ パン・社会人代表」だ。今年はこの「社会人代表」以外にもさまざまな「侍ジャパン」が国際大会で真剣勝負を演じている。各カテゴリーにおける侍ジャパンの 現状を整理してみよう。(写真は「侍ジャ...

復帰登板で13勝目を挙げた田中将大が”完全復活”するまでに必要なモノとは

復帰登板で13勝目を挙げた田中将大が”完全復活”するまでに必要なモノとは

右ヒジ靭帯(じんたい)の部分断裂により戦列を離れていた田中将大(ヤンキース)が9月22日、75日ぶりにメジャーのマウンドに帰ってきた。約2カ月ぶりにメジャーの強打者を相手にしても、背番号19はものともしない。5回と3分の1イニングを投げて5安打1失点にまとめ、13勝目(4敗)を挙げ た。 痛めていた右ヒジの状態を考慮して球数は...

『中学野球太郎Vol.5 』[完全無欠]弱点克服マニュアル、好評発売中!

『中学野球太郎Vol.5 』[完全無欠]弱点克服マニュアル、好評発売中!

全国の中学生球児のみなさん、指導者のみなさん、保護者のみなさん、またまた新しい『中学野球太郎』が9月22日(月)に発売となりました。 ※一部地域の方は少々遅れての発売となります。ご了承ください。 今回のテーマは「弱点克服マニュアル」。 中学球児にありがちな悩みを解消するための練習方法を多数掲載しました。 巻頭のインタビューでは...

山本昌の意外な記録 歴代投手最多の153犠打

山本昌の意外な記録 歴代投手最多の153犠打

投げるたびに日本記録を更新する男・山本昌。49歳0か月で迎えた9月5日の阪神戦で今季初登板を果たし、浜崎真二(元阪急)が1950年に達成した48歳4カ月の「最年長勝利記録」を64年ぶりに更新。さらに14日のヤクルト戦にも先発し、自身の持つ「最年長出場記録」を49歳1カ月に更新した。 今後も登板するたびに「最年長出場記録」を、そ...

復帰間近のマー君も”被害者”に – なぜ海を渡る投手はけがに泣かされるのか

復帰間近のマー君も”被害者”に – なぜ海を渡る投手はけがに泣かされるのか

7月に右ヒジ靭帯(じんたい)の部分断裂が発覚したために戦列を離れていた田中将大(ヤンキース)が、9月22日にメジャー復帰できそうだ。ただ、約2カ月を棒に振ってしまったため、視界にとらえていたメジャー1年目での最多勝を達成することはかなわなかった。 マー君だけではない。近年は日本人メジャー投手の受難が続いている。ダルビッシュ有(...

一大論争を巻き起こしたあの“魔球”の誕生秘話に迫る!

一大論争を巻き起こしたあの“魔球”の誕生秘話に迫る!

夏の甲子園大会が終わって約半月が過ぎた。大阪桐蔭高(大阪)の優勝で幕を閉じた今大会。健大高崎高(群馬)の「機動破壊」や、沖縄尚学高(沖縄)の山城大智のライアン投法など、数々の話題を提供してくれた大会でもあった。 しかし、最も大きな話題となったのは、東海大四高(南北海道)のエース・西嶋亮太が投じた、あの山なりのボールだろう。この...

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

 9月10日付のESPN電子版にこんな見出しが躍った。 「ヤンキースはローテーション6人制を採用する時期にきた?」  記事は「マサヒロ・タナカが右ヒジにメスを入れることなく、今シーズン中の復帰を果たしたとして、ヤンキースは来季、彼をどのように扱うのか?」という疑問からスタート。そのことについて、ジョー・ジラルディ監督を直撃した...

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

奇抜なパフォーマンスで話題を集め続けるヤクルト「つば九郎」や中日「ドアラ」、ネットを中心に人気のオリックス「バファローベル」など、近年、選手以上に注目を浴びるのがプロ野球の球団マスコットだ。そこで12球団のマスコットトリビアを集めてみた。 パ・リーグのマスコットたち 埼玉西武ライオンズのマスコットは「レオ」。モチーフはライオン...

「走者は衛星」という観念で完成させた健大高崎の「機動破壊」の真髄に迫る

「走者は衛星」という観念で完成させた健大高崎の「機動破壊」の真髄に迫る

今夏の甲子園大会で野球ファンに衝撃を与えたのは、健大高崎(群馬)の走って相手チームを”壊す”野球「機動破壊」だろう。選手1人で1大会最多盗塁のタイ記録に並ぶ8盗塁、チームでは1試合11盗塁、4試合で合計26盗塁を成功させ、文字通り相手を戦術的・精神的にも崩壊させた恐ろしい戦術であった。今回はこの「機動破...

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

山本昌(中日)、三浦大輔(DeNA)など40代投手の活躍が目立つ中、ある40代投手がユニフォームに別れを告げる。9月12日に46歳になる、BCリーグ・石川ミリオンスターズ所属の“GM兼投手”木田優夫が、14日のホーム最終戦で引退セレモニーを行う予定だ。その前日、13日には、お笑い界の大スター・明石家さんまが石川の「1日コーチ」...

Return Top