野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : プロ野球

山本昌の意外な記録 歴代投手最多の153犠打

山本昌の意外な記録 歴代投手最多の153犠打

投げるたびに日本記録を更新する男・山本昌。49歳0か月で迎えた9月5日の阪神戦で今季初登板を果たし、浜崎真二(元阪急)が1950年に達成した48歳4カ月の「最年長勝利記録」を64年ぶりに更新。さらに14日のヤクルト戦にも先発し、自身の持つ「最年長出場記録」を49歳1カ月に更新した。 今後も登板するたびに「最年長出場記録」を、そ...

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

奇抜なパフォーマンスで話題を集め続けるヤクルト「つば九郎」や中日「ドアラ」、ネットを中心に人気のオリックス「バファローベル」など、近年、選手以上に注目を浴びるのがプロ野球の球団マスコットだ。そこで12球団のマスコットトリビアを集めてみた。 パ・リーグのマスコットたち 埼玉西武ライオンズのマスコットは「レオ」。モチーフはライオン...

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

山本昌(中日)、三浦大輔(DeNA)など40代投手の活躍が目立つ中、ある40代投手がユニフォームに別れを告げる。9月12日に46歳になる、BCリーグ・石川ミリオンスターズ所属の“GM兼投手”木田優夫が、14日のホーム最終戦で引退セレモニーを行う予定だ。その前日、13日には、お笑い界の大スター・明石家さんまが石川の「1日コーチ」...

今日、9月5日は国民栄誉賞の日。第1号受賞者、王貞治の偉大な足跡を振り返る

今日、9月5日は国民栄誉賞の日。第1号受賞者、王貞治の偉大な足跡を振り返る

今日、9月5日は「国民栄誉賞の日」。1977(昭和52)年のこの日、2日前に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治に国民栄誉賞第1号が贈られたのだ。日本プロ野球史を語る上でもとても大切な日だからこそ、今一度、「王貞治・国民栄誉賞への道」を振り返ってみたい。 ◎初ヒットが初ホームラン 1959(昭和34)年、「甲子園優勝投...

黒田博樹が最もメジャーリーグで活躍した投手だ!

黒田博樹が最もメジャーリーグで活躍した投手だ!

「MLBで最も成功した日本人投手がヒロキ・クロダである理由」  8月25日付のニューヨークポスト紙にそんな見出しが躍った。ヤンキースの黒田博樹を称える内容のコラム記事が掲載されていたのだ。 「メ ジャーでもっとも成功した日本人ピッチャーはヒデオ・ノモとヒロキ・クロダの2人に現在絞られていると言っていいと思う。ノモはパイオニアと...

球児の熱戦見守り続けた甲子園スコアボード 現在は3代目

球児の熱戦見守り続けた甲子園スコアボード 現在は3代目

いよいよ開幕する夏の甲子園大会。今年は甲子園開場90周年ということもあって、例年以上に「歴史」の重みを感じる大会になりそうだ。長年、球児たちの青春を見守ってきたスコアボードにも、数多くのエピソードがある。そこでスコアボードの変遷から甲子園の歴史を振り返ってみたい。 ◎初代は木製スコアボード 甲子園球場が完成したのは1924(大...

2軍初勝利 新たなスタート切った西武・誠の野球人生

2軍初勝利 新たなスタート切った西武・誠の野球人生

甲子園球場で行われたオールスターゲーム第2戦に先発登板したのが、セ・リーグは藤浪晋太郎(阪神)、パ・リーグは大谷翔平(日本ハム)だった。若武者たちの投球にファンは酔いしれた。 奇しくもそのわずか4日後、2人と同じ歳のプロ野球選手が、度重なる不祥事への処分を乗り越えて、マウンドに帰ってきた。その選手の名前は、相内誠(=登録名・誠...

工期は4カ月半、最初の行事は陸上大会…生誕90周年の甲子園トリビア

工期は4カ月半、最初の行事は陸上大会…生誕90周年の甲子園トリビア

今年は甲子園球場ができて90周年のメモリアルイヤー。しかも完工したのが1924(大正13)年8月1日と、ちょうど”誕生日”を迎えたばかりなのだ。 時代背景も技術力も今とは異なる時代に、いかにしてあのマンモス球場は作られたのか? 印象的な数字からその誕生秘話をひもといてみよう。   5000人か...

次々に記録を塗り替えられる悲劇の男!? 生涯一捕手・野村克也の偉大な足跡を振り返る

次々に記録を塗り替えられる悲劇の男!? 生涯一捕手・野村克也の偉大な足跡を振り返る

今から34年前の1980年8月1日。プロ野球史に燦然と輝く偉大な記録が生まれた。野村克也(当時西武)による「史上初の3000試合出場」 である。戦後初の三冠王や右打者としては歴代1位の657本塁打、通算出場試合数歴代1位など、輝かしい経歴を持つ野村氏。ところが、今季のプロ野球で、 これまで保持していた「歴代1位記録」が次々と更...

日本野球経験者は「6人ローテ」を支持! 米メディアやファンも中1週間のローテーション制に傾きつつある!?

日本野球経験者は「6人ローテ」を支持! 米メディアやファンも中1週間のローテーション制に傾きつつある!?

 オールスターゲーム前日の記者会見でレンジャーズのダルビッシュ有が提唱した日本式の「先発ローテーション6人制」。その後の米メディアの動向に注目が集まっていたが、7月21日にニューヨーク・タイムズ紙が「(個人の)先発機会が減っても投手たちの腕を守るべき」という見出しでダルビッシュの発言を取り上げたところ、ほかのメディアも追随。ダ...

Return Top