野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : 甲子園 タグ

今では考えられない事態が続出 大混乱の戦前戦後の甲子園とは

今では考えられない事態が続出 大混乱の戦前戦後の甲子園とは

8月15日は終戦記念日。甲子園では、正午になると試合が一時中断されて戦没者への黙祷をささげることが恒例となっている。今年は第1試合と第2試合の間に正午を迎えたため、第2試合が始まる前に黙祷が行われた。 甲子園と戦争の関係は思った以上に深い。第二次世界大戦が始まる直前からその影響を受けて大会が中止になったり、戦後は野球どころでは...

甲子園トンデモグラウンド整備列伝 ガソリンまいて水分蒸発?

甲子園トンデモグラウンド整備列伝 ガソリンまいて水分蒸発?

台風11号の影響で開幕が2日ズレた第96回全国高校野球選手権大会。台風一過の11日、大雨の後にもかかわらず、甲子園球場のグラウンドは素晴らしい コンディションで球児たちを出迎えた。この後、天気予報で傘マークもちらほら見受けられるが、多少の雨ならいいコンディションのままプレーが出来るはずだ。 過去にも雨に悩まされた大会はあるが、...

初の開会式順延は94年前 第6回大会の珍事3連発

初の開会式順延は94年前 第6回大会の珍事3連発

9日に阪神甲子園球場で開幕予定だった第96回全国高校野球選手権大会。日本列島を縦断した台風11号の影響で、前代未聞の2日連続全試合中止という異例の事態となった。長い歴史を誇る夏の甲子園大会でも、開幕から2日間の順延は史上初の珍事である。 しかし甲子園大会の歴史を遡ると、過去に2度だけ開会式が順延となった年がある。1度目は192...

春夏通じて初出場校いきなりVは過去3例 今夏の初顔5校はどうなる?

春夏通じて初出場校いきなりVは過去3例 今夏の初顔5校はどうなる?

台風11号の影響で、開幕から初めて2日連続の全試合中止という異例の事態でスタートした、第96回全国高等学校野球選手権大会。早くも今夏の甲子園大会は波乱含みか……と想像させる展開だ。 長い歴史を誇る夏の甲子園では、波乱の大会はいくつもあった。波乱を印象づける事象は様々だが、今回は春夏通じて甲子園に“初出場校”が一気に“初優勝”ま...

〈ラガーさん〉高校野球ファンなら甲子園練習を見に行くのが絶対オススメです!~行かないのダメ、ゼッタイ~

〈ラガーさん〉高校野球ファンなら甲子園練習を見に行くのが絶対オススメです!~行かないのダメ、ゼッタイ~

 お久しぶりです。ラガーさんです。いよいよ夏の甲子園大会が始まりますね。読まれるタイミングによっては、すでに大会は始まっているかもしれ ませんね。どんな展開になるのか、どんな試合になるのか、楽しみで、ワクワクしてちゃんと寝られるか心配です! まずは、ラガーさんの近況報告をしますね。 ◎またまた本を出しちゃいました  今年のセン...

球児の熱戦見守り続けた甲子園スコアボード 現在は3代目

球児の熱戦見守り続けた甲子園スコアボード 現在は3代目

いよいよ開幕する夏の甲子園大会。今年は甲子園開場90周年ということもあって、例年以上に「歴史」の重みを感じる大会になりそうだ。長年、球児たちの青春を見守ってきたスコアボードにも、数多くのエピソードがある。そこでスコアボードの変遷から甲子園の歴史を振り返ってみたい。 ◎初代は木製スコアボード 甲子園球場が完成したのは1924(大...

いよいよ開幕する夏の甲子園! 見逃したら後悔間違いなしの選手を一挙紹介

いよいよ開幕する夏の甲子園! 見逃したら後悔間違いなしの選手を一挙紹介

全49代表が出そろい、初戦の対戦も決まった第96回全国高等学校野球選手権大会がいよいよ開幕する。大会を盛り上げるのが、毎年のように甲子園球場に現れる”怪物”たちの存在だ。今回は『野球太郎』が自信を持ってオススメする、今大会屈指の注目選手を一挙に紹介しよう。 大会屈指のスラッガーは 今大会でもっとも注目を...

皆さんが期待している「夏の高校野球の世界観」を絶対にずらさないのが僕らの使命です~熱闘甲子園の舞台裏

皆さんが期待している「夏の高校野球の世界観」を絶対にずらさないのが僕らの使命です~熱闘甲子園の舞台裏

 いよいよ8月9日から開幕する第96回全国高校野球選手権大会。 そして同じく8月9日から、今年も『熱闘甲子園』(ABC・テレビ朝日系全国ネット)が始まる。「甲子園球児たちのドラマ」を熱く届けてくれるこの番組だからこそ気付くことができる甲子園大会の魅力とは何か? そして今大会の見どころは? 『熱闘甲子園』の編集長を務めるテレビ朝...

工期は4カ月半、最初の行事は陸上大会…生誕90周年の甲子園トリビア

工期は4カ月半、最初の行事は陸上大会…生誕90周年の甲子園トリビア

今年は甲子園球場ができて90周年のメモリアルイヤー。しかも完工したのが1924(大正13)年8月1日と、ちょうど”誕生日”を迎えたばかりなのだ。 時代背景も技術力も今とは異なる時代に、いかにしてあのマンモス球場は作られたのか? 印象的な数字からその誕生秘話をひもといてみよう。   5000人か...

90周年を迎えた甲子園・名物「銀傘」がたどった数奇な運命

90周年を迎えた甲子園・名物「銀傘」がたどった数奇な運命

8月1日は甲子園球場の「90歳の誕生日」にあたる。1924(大正13)年に誕生したマンモス球場は、当時最先端の知恵とさまざまな工夫の結晶として設計・建造されたものだ。そのひとつが内野スタンドを覆う「銀傘(※当時は鉄傘)」。今の銀傘はなんと4代目にあたるという。そこで今回は、甲子園球場の象徴のひとつである銀傘がどのような運命を辿...

Return Top