野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : その他

オフシーズンに突入したプロ野球……ストーブリーグの語源は?

オフシーズンに突入したプロ野球……ストーブリーグの語源は?

 プロ野球の世界は現在、オフシーズンの真っ只中。各球団とも、ドラフト交渉権を獲得した新人選手との入団交渉を進めながら、所属選手の契約更改、FA補強やトレードなどで、来季の戦力補強を着々と整えている。世間一般では、この時期のことを「ストーブリーグ」と呼んでいるのは周知の通り。また、トレードやドラフトなど、この時期にスポーツ新聞紙...

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

 9月10日付のESPN電子版にこんな見出しが躍った。 「ヤンキースはローテーション6人制を採用する時期にきた?」  記事は「マサヒロ・タナカが右ヒジにメスを入れることなく、今シーズン中の復帰を果たしたとして、ヤンキースは来季、彼をどのように扱うのか?」という疑問からスタート。そのことについて、ジョー・ジラルディ監督を直撃した...

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

ジャビット君の人数やトラッキーの名の由来、露出狂のマスコットがいた? – 球界マスコットトリビア

奇抜なパフォーマンスで話題を集め続けるヤクルト「つば九郎」や中日「ドアラ」、ネットを中心に人気のオリックス「バファローベル」など、近年、選手以上に注目を浴びるのがプロ野球の球団マスコットだ。そこで12球団のマスコットトリビアを集めてみた。 パ・リーグのマスコットたち 埼玉西武ライオンズのマスコットは「レオ」。モチーフはライオン...

甲子園出場を懸けて……台湾で行われた伝説の延長戦

甲子園出場を懸けて……台湾で行われた伝説の延長戦

8月28日から4日間かけて戦った前代未聞の延長戦。第59回全国高校軟式野球選手権大会の準決勝戦、崇徳高(西中国地区・広島)vs中京高(東海地区・岐阜)の試合は、延長50回で中京高が勝利して決着がついた。 硬式球を使用する甲子園大会では、1933(昭和8)年夏の準決勝で中京商(現中京大中京高)が延長25回、1-0で明石中(現明石...

甲子園名物、校歌斉唱誕生秘話~きっかけは女性初の五輪メダリスト

甲子園名物、校歌斉唱誕生秘話~きっかけは女性初の五輪メダリスト

「高校野球・甲子園」といって思い浮かべるさまざまな風景。その中でも、試合終了の校歌斉唱シーンをあげる人は多いだろう。今大会も「Be together」でおなじみとなった健大高崎が出場し話題となった。だが、意外なことに、甲子園が始まった当初は、校歌斉唱は行われていなかった。 はじめて甲子園で「校歌斉唱」が行われたのはセンバツが先...

アルプスの応援も甲子園の華 人文字の元祖はPL学園か

アルプスの応援も甲子園の華 人文字の元祖はPL学園か

甲子園の見どころは球児たちのプレーだけではない。アルプススタンドに陣取った対戦校同士の応援合戦、特にブラスバンドによる演奏は高校野球ファンを楽しませてくれる。最近ではオーケストラ顔負けの演奏をスタンドから響かせる高校もあるなど、かなりグレードアップし洗練されてきた印象を受ける。ただし、この応援スタイルは、一朝一夕に成り立ってき...

『野球太郎』オリジナルうちわが完成!

『野球太郎』オリジナルうちわが完成!

明日からはいよいよ夏の甲子園が始まります(お天気が心配ですが…)。 毎日暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんなタイミングで『野球太郎』のオリジナルうちわが完成しました(写真)。 名前は「ホームランうちわ」、主に球場用です(笑)。 お盆明けの19日〜21日のいずれかに神宮球場の付近で配布したいと思います。...

皆さんが期待している「夏の高校野球の世界観」を絶対にずらさないのが僕らの使命です~熱闘甲子園の舞台裏

皆さんが期待している「夏の高校野球の世界観」を絶対にずらさないのが僕らの使命です~熱闘甲子園の舞台裏

 いよいよ8月9日から開幕する第96回全国高校野球選手権大会。 そして同じく8月9日から、今年も『熱闘甲子園』(ABC・テレビ朝日系全国ネット)が始まる。「甲子園球児たちのドラマ」を熱く届けてくれるこの番組だからこそ気付くことができる甲子園大会の魅力とは何か? そして今大会の見どころは? 『熱闘甲子園』の編集長を務めるテレビ朝...

90周年を迎えた甲子園・名物「銀傘」がたどった数奇な運命

90周年を迎えた甲子園・名物「銀傘」がたどった数奇な運命

8月1日は甲子園球場の「90歳の誕生日」にあたる。1924(大正13)年に誕生したマンモス球場は、当時最先端の知恵とさまざまな工夫の結晶として設計・建造されたものだ。そのひとつが内野スタンドを覆う「銀傘(※当時は鉄傘)」。今の銀傘はなんと4代目にあたるという。そこで今回は、甲子園球場の象徴のひとつである銀傘がどのような運命を辿...

野球太郎で語れなかった「悲願校」の重みと熱い想い! ~すべては3年連続決勝敗退からはじまった

野球太郎で語れなかった「悲願校」の重みと熱い想い! ~すべては3年連続決勝敗退からはじまった

秋や春の大会では好成績を収めながら、甲子園出場を懸けた大会では結果が出ない、なんとも残念なチームが全国に点在していることはご存じだろうか。なんとかして悲願の甲子園出場を成し遂げたい高校のことを、「悲願校」と呼び、雑誌『野球太郎』では、No.005とNo.009の夏の高校野球大特集号にて記事を掲載している。 この記事の歴史を振り...

Return Top