野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : 西武 タグ

2月24日発売です!『野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017』

2月24日発売です!『野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017』

おまたせいたしました! 『野球太郎』の選手名鑑号が完成しました!  NPB選手名鑑では12球団893名、アマチュア野球では715名(高校生280名、大学生250名、社会人145名、独立リーグ40名)。合計約1600名収録しています。おそらく日本一数多くの野球選手を詳細まで掲載する「選手名鑑」です。 けNPB選手名鑑は主力、外国...

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2013年の「ドラフト特集」で占った森友哉の未来像は!?

《『野球太郎』バックナンバーで答え合わせ》2013年の「ドラフト特集」で占った森友哉の未来像は!?

 現在、球界で注目されている選手のドラフト時における評価はどうだったのか。  本誌『野球太郎』では、毎年、ドラフト会議の前後に発行する「ドラフト直前大特集号」、「ドラフト総決算号」で、その年のドラフト候補を徹底分析している。  この度、週刊野球太郎では、現在の活躍中の若手選手をピックアップし、過去の本誌で掲載したドラフト候補時...

『中学野球太郎Vol.13 「冬の巨大化大作戦~キミのカラダとプレーを変えるための極秘プロジェクト」』は12月17日発売です!

『中学野球太郎Vol.13 「冬の巨大化大作戦~キミのカラダとプレーを変えるための極秘プロジェクト」』は12月17日発売です!

う話題にのぼることが多くなってきた中学野球の専門誌『中学野球太郎』の最新号をお届けいたします! え中学球児のみならず、スポーツをやっている思春期の子、そして親御さんや指導者も含めて、多くの悩みのタネになるのは、もしかしたら、「スポーツが上手くなる」よりも「体を大きくする」ことかもしれません。 しそんな悩みに答える1冊が完成です...

『中学野球太郎Vol.12 キミの世界が変わるホームランプロジェクト』は発売中です!

『中学野球太郎Vol.12 キミの世界が変わるホームランプロジェクト』は発売中です!

全国の中学生球児のみんな、指導者・保護者のみなさま、いつもお世話になっております。 『中学野球太郎Vol.12 キミの世界が変わるホームランプロジェクト』が発売となりました。 今号を読んで、野球選手みんなの夢“サク越え”を夢で終わらせず、実現させましょう!   〈廣済堂ベストムック337〉 『中学野球太郎Vol.12...

お詫びと訂正『野球太郎テクニカルVol.1[2016プロ野球大展望号]』

お詫びと訂正『野球太郎テクニカルVol.1[2016プロ野球大展望号]』

1月30日に発売された『野球太郎テクニカルVol.1[2016プロ野球大展望号]』にて、本文中の記述や図版に誤りがございました。 下記の通り、訂正させていただきます。 ご本人、関係者の皆様、読者の皆様にはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 なお、修正データ(PDF)は下記より閲覧、ダウンロードできます。 や ...

秋山前監督エピソード 若手時代、重い背番号で発奮「絶対、若い番号を」

秋山前監督エピソード 若手時代、重い背番号で発奮「絶対、若い番号を」

2014年10月30日、今年のプロ野球がフィナーレを迎えた。この日に行われた日本シリーズ第5戦で勝利したソフトバンクが4勝1敗で阪神を退け、3年ぶりの日本一に輝いた。 本拠地のヤフオクドームで計10回、胴上げされた秋山幸二監督。シリーズ前から、今季限りの監督勇退を表明しており、まさに万感の思いを抱きながら、日本一の監督となった...

2軍初勝利 新たなスタート切った西武・誠の野球人生

2軍初勝利 新たなスタート切った西武・誠の野球人生

甲子園球場で行われたオールスターゲーム第2戦に先発登板したのが、セ・リーグは藤浪晋太郎(阪神)、パ・リーグは大谷翔平(日本ハム)だった。若武者たちの投球にファンは酔いしれた。 奇しくもそのわずか4日後、2人と同じ歳のプロ野球選手が、度重なる不祥事への処分を乗り越えて、マウンドに帰ってきた。その選手の名前は、相内誠(=登録名・誠...

「百万ドルの内野」も失策王だった!?上には上がいる失策王は誰だ?

「百万ドルの内野」も失策王だった!?上には上がいる失策王は誰だ?

6月27日のDeNAvs広島の10回戦は、目を覆いたくなるようなプレーが続出した。DeNAの捕手・黒羽根利規がセ・リーグタイ記録となる1試合3失策を犯すなど、球団ではなんと43年ぶりとなる、チーム1試合5失策を記録。DeNAは歴史的な拙守で、広島に完敗した。 しかし、過去のプロ野球では1試合で10個も失策を犯したチームがあると...

日米ノーヒッター第1号物語~ここから生まれた伝統~

日米ノーヒッター第1号物語~ここから生まれた伝統~

 MLB屈指の左腕、クレイトン・カーショー(ドジャース)がノーヒットノーランを達成した。現地時間6月18日のロッキーズ戦に先発したカー ショーは、9回を投げて15奪三振を記録しながら、わずか107球で締めて、許した走者は味方の失策の1人だけという準完全試合を達成したのだった。   今季のメジャーリーグでは5月25日に同僚のベケ...

Return Top