野球太郎Web|高校野球からプロ野球ドラフト情報まで

アーカイブ : ダルビッシュ タグ

復帰間近のマー君も”被害者”に – なぜ海を渡る投手はけがに泣かされるのか

復帰間近のマー君も”被害者”に – なぜ海を渡る投手はけがに泣かされるのか

7月に右ヒジ靭帯(じんたい)の部分断裂が発覚したために戦列を離れていた田中将大(ヤンキース)が、9月22日にメジャー復帰できそうだ。ただ、約2カ月を棒に振ってしまったため、視界にとらえていたメジャー1年目での最多勝を達成することはかなわなかった。 マー君だけではない。近年は日本人メジャー投手の受難が続いている。ダルビッシュ有(...

一大論争を巻き起こしたあの“魔球”の誕生秘話に迫る!

一大論争を巻き起こしたあの“魔球”の誕生秘話に迫る!

夏の甲子園大会が終わって約半月が過ぎた。大阪桐蔭高(大阪)の優勝で幕を閉じた今大会。健大高崎高(群馬)の「機動破壊」や、沖縄尚学高(沖縄)の山城大智のライアン投法など、数々の話題を提供してくれた大会でもあった。 しかし、最も大きな話題となったのは、東海大四高(南北海道)のエース・西嶋亮太が投じた、あの山なりのボールだろう。この...

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

〈MLB先発ローテーション問題〉ついに監督レベルでの動きも!ヤンキースは前向きに検討している!

 9月10日付のESPN電子版にこんな見出しが躍った。 「ヤンキースはローテーション6人制を採用する時期にきた?」  記事は「マサヒロ・タナカが右ヒジにメスを入れることなく、今シーズン中の復帰を果たしたとして、ヤンキースは来季、彼をどのように扱うのか?」という疑問からスタート。そのことについて、ジョー・ジラルディ監督を直撃した...

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

木田が球界にもたらしたいつでもセットポジション、スパッツ着用…

山本昌(中日)、三浦大輔(DeNA)など40代投手の活躍が目立つ中、ある40代投手がユニフォームに別れを告げる。9月12日に46歳になる、BCリーグ・石川ミリオンスターズ所属の“GM兼投手”木田優夫が、14日のホーム最終戦で引退セレモニーを行う予定だ。その前日、13日には、お笑い界の大スター・明石家さんまが石川の「1日コーチ」...

明石家さんまも参戦!? 異色の野球人・木田優夫の最後の勇姿を見逃すな!

明石家さんまも参戦!? 異色の野球人・木田優夫の最後の勇姿を見逃すな!

独立リーグ・石川ミリオンスターズ所属で、GM兼投手の木田優夫が9月14日、引退試合を行い、28年の現役生活に別れを告げる。前日には親交の深い明石 家さんま氏も球場にかけつけ、臨時コーチに就任するという。日米球界、さらには芸能界でも活躍した木田優夫の異色の野球人生を振り返ってみたい。 甲子園未出場ながら巨人ドラフト1位 木田は1...

黒田博樹が最もメジャーリーグで活躍した投手だ!

黒田博樹が最もメジャーリーグで活躍した投手だ!

「MLBで最も成功した日本人投手がヒロキ・クロダである理由」  8月25日付のニューヨークポスト紙にそんな見出しが躍った。ヤンキースの黒田博樹を称える内容のコラム記事が掲載されていたのだ。 「メ ジャーでもっとも成功した日本人ピッチャーはヒデオ・ノモとヒロキ・クロダの2人に現在絞られていると言っていいと思う。ノモはパイオニアと...

日本野球経験者は「6人ローテ」を支持! 米メディアやファンも中1週間のローテーション制に傾きつつある!?

日本野球経験者は「6人ローテ」を支持! 米メディアやファンも中1週間のローテーション制に傾きつつある!?

 オールスターゲーム前日の記者会見でレンジャーズのダルビッシュ有が提唱した日本式の「先発ローテーション6人制」。その後の米メディアの動向に注目が集まっていたが、7月21日にニューヨーク・タイムズ紙が「(個人の)先発機会が減っても投手たちの腕を守るべき」という見出しでダルビッシュの発言を取り上げたところ、ほかのメディアも追随。ダ...

いまのメジャーリーグで最高の先発投手は誰だ?という議論に日本人投手の名前が3人もあがった!

いまのメジャーリーグで最高の先発投手は誰だ?という議論に日本人投手の名前が3人もあがった!

 6月7日付のESPN電子版において「現代における最高の先発投手は誰だろう?」という内容の考察記事が掲載されていた。9人の投手を論議の テーブルにのせた上で「ホワイトソックスのクリス・セールがベスト先発投手かもしれない」という論調で記事は結ばれていたのだが、目を引いたのは9人中、日本人投手が3人を占めていたことだった。その3人...

月間MVP獲得!好調ヤクルト打線を支える雄平の波乱万丈野球人生

月間MVP獲得!好調ヤクルト打線を支える雄平の波乱万丈野球人生

ヤクルト打線が好調だ。5月31日のソフトバンク戦では、3回までに11得点を挙げるなど猛打爆発。実は今季のヤクルト、6月3日のオリックス戦で完封負けするまで、12球団で唯一、開幕から全ての試合で得点を続けていた。チーム打率.286は12球団トップの数字で、他球団を大きく引き離す291得点を記録している。 そんな「セ界の火“ヤク”...

Return Top